Contact Form 7の項目に遷移前のページの情報を渡すよ

Contact Form 7の項目に遷移前のページの情報を渡すよ

「お申し込みはこちら!」「お問い合わせはこちら」みたいなので、なんの問い合わせか、なんの申込みか、(応用すれば商品の問い合わせも)わかるように、Contact Form 7の項目に遷移前のページの情報を渡します。

今回は、例えば求人情報があったとして、
記事(募集職種)が複数あり、入力ミスを防ぐために
応募フォームに希望職種を入力した状態にする が、今回のゴールとします。

記事のタイトルは募集職種にします。


応募フォーム(application)ページへの遷移ボタン[応募する]のリンクに付け足してあげます。

<a href="<?php echo home_url('/'); ?>
application/?occupation=<?php echo get_the_title();?>">応募する</a>

occupation 部分は好きな命名で構いません

Contact Form 7のFormの設定へ

希望職種* [text* occupation]

と項目を挿入、入力箇所を作ります。
今回は変更できるテキストボックス入力欄にタイトルを自動入力します。

自動で挿入されるようにfunctions.phpに以下を記述します。

function my_form_tag_filter( $tag ) {
	if ( ! is_array( $tag ) ) {
		return $tag;
	}
       if ( isset( $_GET['occupation'] ) ) {
		$name = $tag['name'];
		if ( $name == 'occupation' ) {
			$tag['values'] = (array) $_GET['occupation'];
		}
	}
 return $tag;
}
add_filter( 'wpcf7_form_tag', 'my_form_tag_filter', 11 );

これだけ!試してみてね

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。